シニアカー配送1個の引越し(配送)料金比較


シニアカー1個の引越し(配送)料金比較

宅配便、TPO引越し、レンタカー借りて引越し、ワゴンタクシーで配送した際のシニアカー配送料金を比較できます。
どこが安いか?まずは簡単なので料金を比較しましょう。

配送内容

電動車いす

・モーター付きの電動車いすの配送
重さ25~30kg

シニアカー

・カートタイプのシニアカーの配送
重さ50~70kg

集荷先

届け先

概算配送料金

TPO配送料金

 

軽トラックで電動車いすは作業員1名で、シニアカーは作業員2名で配送。都内なら1時間以内に配送できます。

レンタカー引越し料金

 

シニアカーでも電動車いすなら30hgなので一人で運べますが、シニアカーは70kgくらいありかなり重いので一人ではかなり厳しいでしょう。

宅配便引越し料金

 

シニアカーはどこの宅配便でも配送できません。

ワゴンタクシー料金

 

ワンボックスタイプのタクシーで距離料金と自宅に呼ぶ予約代だけで自前にタクシー会社に予約可能ですが、電動車いすやシニアカーはそのままでは積載できませんので分解すれ事が条件です。

※レンタカーは燃料費+高速料金を加算しています。
※レンタカーはハイルーフワンボックス車の料金。
※ワゴンタクシーはワンボックスタイプのタクシーで完全に分解すれば運ぶことができます。
自宅に呼ぶ予約代が加算されています。遠距離の場合は高速代が別途必要です。

 

まとめ

■株式会社TPO■

シニアカーの個数にかかわらず東京近郊は一律の配送料金で格安なのでおすすめ。

■レンタカー■

自分で運転でき近距離で手伝う人を用意でき、シニアカーを車に乗せる際の手伝いを用意すればレンタカーも安い。
但し、動かないように固定する固定バンドを用意する必要があります。

■宅配便■

シニアカーは宅配便で運べません。取扱い不可なので注意。

■ワゴンタクシー■

免許がない方で同一市町村のベット配送で自分で分解できる方はおすすめですが、
シニアカーはかさばるので分解しないと入らないのと運転手は荷物を運んでくれないので注意。