安い業者に荷物を壊されない方法とは?

安い業者に荷物を壊されない方法とは?
安い引越し業者ってなにか壊されそうで不安ですよね?
そこで、大抵持っている物を使うと業者に壊されないで引越しできるこつを教えます。
■壊されないこつ
下記プラスチック製の引き出し式の衣装ケースを使うこと

●引出式衣装ケース●
ishocase.png
引き出し式の衣装ケースは2重箱式で上下の重圧に強い
何個も重ねて使う為に設計されているので、上に重ねてもつぶれずに中のものを保護してくれる。
普段から洋服収納用5個くらいと、引越し小物収納用に5個くらい買っておくと便利。
ただし、ベット下やクローゼットに入るくらいの高さのあまりない20cm位の高さの衣装スースがおすすめ。

下記のタイプは重ねるとふたが割れたりするのと、賃貸住宅のクローゼット内に入らなかったり、大きすぎるもので引越し時に重いものを入れると持てなくなるので×。
●コロ付衣装ケース●
ishocase2.png

■壊されものの入れ方
・食器・小家電・・タオル等でくるんでぎちぎちにつめる事。
・本・・・・あんまりつめると重くなるので半分くらいにして後は服等を入れる。
結論
壊れ物をいくらプチプチで梱包して段ボールに入れても、落としてしまったり、 紙段ボールはへこむので破損する確率があるが、プラスチック製の衣装ケースなら凹まないし、落っことしたら衣装ケースが割れるので作業員のへまが分かりやすい、引越し後は小物入れなどに使えば普段から荷物を整理しておける。
壊れ物は衣装ケースに入れておけば安い業者でも一安心ですね。