東京で単身で住み易い町ってどこ?


東京で単身で住み易い町ってどこ?
東京で単身でも住み易い町ってどこでしょうか?
引越ししてもかえって暮らしにくなっては大変ですよね?
又引越するわけにいかないし、東京出身ならいざ知らず地方から上京とかの場合
分かりませんよね?
そこで、物価、治安、行政サービス、利便性から東京で一番住み易い町を 紹介します。

物価が安い町
いわゆる下町といわれるところで
・足立区、葛飾区、江戸川区、大田区、世田谷区、杉並区、練馬区でしょう。
・中でも足立区、葛飾区、江戸川区、大田区は都心に近い割りに下町が多く家賃や買い物でも都心より2割は安くなります。

物価が高い町
いわゆる高級住宅街といわれるところで
・港区、品川区、目黒区、千代田区、中央区、文京区でしょう。
・中でも港区は地方出身者から見て、間違いではないかと思うほどの家賃の
マンションが多く、住んでいるのも外国の領事館や政治家、官僚、企業のトップなど
お金持ちが多いので、家賃も高く、買い物も地方より2割は以上は高くなります。

治安がよい町
いわゆる文教地区がそれで
・文京区、品川区、目黒区でしょう。
・中でも文京区は、ひったくりや強盗の発生件数が都内で一番少なく、
都心なのに静かな場所も多いので、家賃が高くても静かな安全な町をお探しの人には
おすすめです。

治安が悪い町
いわゆる下町がそれで
・江戸川区、葛飾区、足立区でしょう。
・中でも江戸川区と葛飾区は、ひったくりや強盗の発生件数が都内で一番多く、
比較的住んでいる世帯も若いので、女性や若年層はおすすめできません。

行政サービスがよい町
いわゆるベットタウンといわれるところで
・江戸川区は福祉政策のおかで保育園や児童施設も多くて待機児童も少なく
働くお母さんに対する援助も活発なので若い若年のお子さんをお持ちの方には、
おすすめの町というイメージは高いです。

結論
物価優先は足立区、葛飾区、江戸川区。
治安優先は文京区、品川区、目黒区。
行政サービス優先は江戸川区。
トータルで物価も安く、行政サービスも充実していて、都心に近い江戸川区の
新興住宅街が東京で安く安心して暮らすのにベストな場所だとおもいます。