東京でSOHOレンタルオフィスへの引越しが安いのは?

東京でSOHOレンタルオフィスへの引越しが安いのは?

東京近郊でSOHOレンタルオフィスに引越しする際のどの業者をつかったらよいか?引越し料金を簡単に比較できるようにしました。宅配便、TPO引越し、レンタカー借りて引越し、ワゴンタクシーで引越した際の単身の引越しが安い業者が分かります。

引越し内容

小さいSOHO事務所の移転引越し

・小さいSOHO事務所の移転引越しなのでパソコン、小型コピー機、箱10個程度の荷物

自宅兼事務所からレンタルオフィスに移転引越し

・自宅兼事務所からレンタルオフィスに移転引越しなので仕事に必要な家電(冷蔵庫・コピー機・パソコン)・家具(机・OAイス・ロッカー・書庫・キャビネット)と段ボール20個位の引越し

集荷先

届け先

概算引越し料金

TPO引越し料金

 

ホロが180cmと高い軽トラックで作業員1名引越し。SOHOのレンタルオフィスへの引越しなら作業員1名で作業可能。
階段や大型の家財は2名で作業するかお客様のお手伝いが必要となる。
荷物梱包あり、お客様手伝いは必要。

レンタカー引越し料金

 

荷物が少ない場合は上段の
ワンボックスレンタカー1台で積載可能。荷物が多いと往復するか下段の2トンでないと積載できない。
荷物梱包、作業も自分でが基本です。

宅配便引越し料金

 

カゴ台車に入った分で作業員2名で引越。段ボール20個、小型冷蔵庫・洗濯機・小型テレビ位は入ります。
荷物が多い人はカゴ台車2個か大型家財だけ別便で配送する事になります。
建物養生なし、お客様手伝いは無用。

ワゴンタクシー料金

 

ワンボックスタイプのタクシーで普通のタクシーの距離料金と自宅に呼ぶ予約代だけで自前にタクシー会社に予約可能。
荷物梱包、作業も自分でが基本です。

※レンタカーは燃料費+高速料金を加算しています。
※レンタカーはハイルーフワンボックス車の料金。
※ワゴンタクシーはワンボックスタイプのタクシーで幅110cm以下の家電・家具引越しの時だけ利用できます。自宅に呼ぶ予約代が加算されています。遠距離の場合は高速代が別途必要です。

 

まとめ

■TPO引越し■

小さいSOHO事務所の移転引越しだと8400円~、自宅兼事務所からレンタルオフィスに移転引越しでも10500円からで東京近郊は一律の引越し料金で格安なのでおすすめ。

■レンタカー■

自分で運転でき近距離で手伝う人を用意できればレンタカーも安い。
但し、台車や毛布など資材を用意する必要があります。

■宅配便■

自宅兼事務所からレンタルオフィスに移転引越しの場合は割高となり、また翌日配達なので注意。

■ワゴンタクシー■

免許がない方で同一市町村の小さいSOHO事務所の移転引越しで手伝う人を用意できる方はおすすめ。
また、長さ190cm・高さ110cm以上の大型家財は、ワゴンタクシーには乗らないので注意。
台車等の用意は自分で必要なのと運転手は荷物を運んでくれないので注意。